CONCEPT

一度味わったら忘れられない、従来のイメージをくつがえす『さっくりとした生地』に色鮮やかで旬な食材を贅沢に表現したタルトを『南信州』の自然とともに五感で感じてください。
2つのアルプスに囲まれた街、南信州駒ヶ根市。
新鮮な空気とアルプスの山々から運ばれる清流な水に恵まれたこの地には「おいしい」をつくる為に必要なものが全てそろっています。
タルト&ケーキkuus クースのコンセプトである「ほっと幸せになれるタルト」は雄大な自然。地元契約農家から直送される新鮮な果実。職人の洗練された技術。お客様の喜びを追求するスタッフの情熱から生み出されています。

STORY

「本物のタルトを南信州駒ヶ根から発信し、たくさんの人を幸せにしたい」この想いから全てが始まりました。
雄大なアルプスの山々に囲まれ、良質な水がある駒ヶ根市。街にはそれを裏付けるように多くの日本酒、地ビール、ウィスキー、ワインが生み出され、それに呼応して多くのおいしい料理が創作されてきましたが、タルト文化は根付いているとは言いがたい状況でした。
「南信州駒ヶ根市には良い水とそこから生まれる最高の果物があるのになぜ、この街にはタルト文化がないのだろう?それなら、本物のタルト文化を根付かせ、多くの人に喜んでもらおう」と一念発起し、焼き菓子専門店「tutui」とオーセンティックBAR「AMBER」で培った全てを注いで2016年9月1日に「kuus クース」を作りました。
オリジナル商品の全工程をサブレ専門店の職人が手がけ、駒ヶ根の良き文化であるお酒とのペアリングを専属バーテンダーが日々考えた結果、「今、ここにしかない」kuus クースのタルトが出来上がりました。
物語の世界から飛び出したようなシックで非日常を感じさせる駒ヶ根の森はずれにある店舗であなたをお待ちしています。

tutuiツツイ

tutui(ツツイ)では、ふんわりとバターの香る焼き菓子と、半生菓子、そして生ケーキも少しご用意しています。
店内には小さなカフェもございますので、その場でお召し上がりいただくこともできます。
おいしくて、ちょっと幸せな気持ちになれるお菓子を目指して、シンプルな材料で、素材の味を大切につくっています。
醗酵バターがやさしく香るtutuiのお菓子をご体験ください。

AMBERアンバー

オーセンティックなBAR『AMBER』。
一見入りづらそうな店構えですが、一回お店の中へ入ってしまえばバーテンダーと一枚板からなるカウンターが快く迎えてくれます。ジャズが流れる落ち着いた雰囲気の店内は綺麗なグラスをはじめ、一番のおすすめ、四季折々の果物を使ったフレッシュフルーツカクテル、スコッチウイスキーやカクテルを中心とした世界のお酒を多数揃えています。
スタンダードなカクテルはもちろん、オリジナルカクテルも味覚だけではなく視覚、嗅覚、聴覚すべてで楽しむことができます。その日の気分にあわせてのカクテルや洋酒を通して自分の好きなカクテル、ウイスキーなどを見つけるのも楽しみのひとつです。バーテンダーとの会話や空間を楽しみ、BARの非日常な空間を味わって頂くことができます。

BATTER- 生地 -

場合によっては脇役に見られかねない生地ですが、私たちは生地にも徹底的にこだわり、お客様へと提供しています。
kuus クースの生地はシンプルなサクほろ食感がベースになりますが、焼き込みに時間をかけたこだわりの2段焼き込み製法で作っている為、そのおいしさは生地の角に表れます。素材を引き立て、基本をおこたらない中で作られたkuus クースの生地をまずは角から味わってみて下さい。他のタルト生地とは違う味わいに出会えるはずです。
また、kuus クースの生地は味わいだけでなく、香りにもこだわっています。kuus クースで用いている発酵バターは芳醇な香りが特徴で、身体にも優しいのでフランスではスタンダードな素材として使われています。
しかし、使いすぎると香りが出すぎるというデメリットもあるので、発酵バターを使いこなすにはそれなりの技量が求められます。kuus クースの職人は長年の経験を活かした抜群の調合で発酵バターをベストな香りへと仕立て上げています。味と香りに妥協しないkuus クースこだわりの生地を是非、一度ご賞味下さい。

SELECT INGREDIENTS- 厳選素材 -

kuus クースのタルトは美味しさだけでなく、家族みんなが安心して食べて頂けるものを目指しています。
その為、製法だけでなく素材にも一切の妥協をしていません。タルトを作る上で生命線となる卵はJA長野主催の大会で優秀賞を受賞した農家さんと契約し、取り寄せています。
また、使用する果物は全て自分たちの目で確かめて、実際に味を確かめた上で「ここだ!」と思った農家さんに頼み込んで直接契約をしています。果物が一番おいしさを発揮する旬の時期に合わせて、私たちがほれ込んだ契約農家さんから取り寄せた最高の果物からkuus クースのタルトは生まれています。

STAFFスタッフ紹介

店長 パティシエ
亀山 菜美

タルトへの想い
私は幼い頃から、誕生日やクリスマスに大好きなケーキが食べられることが何よりの楽しみでした。今は、作り手となり、またその頃とは違った幸せを感じることがあります。一年に一度の大切な日にkuusのお菓子を選んで頂けたり、日々の暮らしの中で登場させてもらったり。作り手として、とても嬉しいことです。ありがとうございますの感謝の気持ちと、少しでも喜んで頂けたらいいなという気持ちを込めて。初心を忘れずに丁寧に作ることを心がけています。
好きなお菓子
ショートケーキとタルトです。

スタッフ
大宮 ひとみ

kuusクースの魅力
2つのアルプスの山々に囲まれた街にある小さなタルト屋さんがkuusです。その小さな店内には1つ1つ丁寧に作られたタルトやケーキ、焼き菓子が並びます。隣にならぶ厨房ではオーブンがフル稼働。店内には生地が焼かれるバターの香りが立ち込めます。 素材の味を大切に作られたタルトやお菓子は美味しさの中にどこかホッとできる味をと考え、自分へのご褒美に、家族や友人との特別な時間に、大切な方への贈り物に、日常のひと時の中で温かい気持ちになれる、そんなお菓子づくりを目指しています。スタッフ3人と少ないですが、タルトを買いに立ち寄ってくださるお客様とお話しできる時間を大切にしきたいと思っています。
好きなお菓子
ドライフルーツがたっぷりのラム酒やブランデーのお酒が染み込んだフルーツケーキです!

スタッフ
沖倉 駿之介

kuusクースで働くことを選んだ理由
私は19歳の頃に長野県にきました。千葉県の海沿いにある街で育った私は、中央アルプスの山々に囲まれたこの土地に一瞬で惹かれ、すぐに定住を決意しました。
引っ越した駒ヶ根市で和食の料理人をやっていた私でしたが、1年前に縁があってkuusのオープニングスタッフとして、料理人からお菓子の世界へと転身しました。料理の世界からお菓子作りの世界へ飛び込むことに最初はためらいもあり、当初はかけもちで働いていましたが、料理の世界では味わえないkuusならではのお客さんとの暖かいふれあいや、料理の世界にいた私からみても驚くような素材と調理にこだわった取り組みに感動し、気づいたらkuus専属のスタッフになっていました。季節と共に変わるタルトを味わってもらったり、焼き菓子を買ってコーヒーを淹れてみたり、一日がより鮮やかになるような、そんな「時間」をkuusで味わって頂けたら幸いです。目下、修行中の身ではありますがそんな想いを巡らせながら、お店でお待ちしています。
好きなお菓子
kuusのニューヨークチーズケーキです。